ムラサキイノコズチ(紫猪子槌)

ヒユ科 イノコズチ属
Achyranthes aaspera var. rubrofusca  

山裾や道端、草地などで見られる草丈50〜100cmの多年草。茎は四角形で分岐して直立〜斜上する。 葉は対生し卵状楕円形〜楕円形、乾けば褐色に変化する。茎頂又は葉腋に長さ30cmの穂状花序をだし、淡緑色の花を咲かせる。
果実の苞には棘があり服に刺さってくっつくからだと思うが、方言ではサシギと言われている。
分布は沖縄各島。

名護市 11.2.19

 11.2.20

 伊平屋島 2014.12.29

トップへ戻る


inserted by FC2 system