ムクノキ(椋の木)

ニレノキ科  ムクノキ属
Aphananthe aspera


大きいのでは高さが30mにもなる落葉の大高木。樹皮は帯黄暗褐色で灰色の班があり、後には裂目を生じ、麟片状を なして剥離する。幹の下部は板根が発達する事がある。葉は卵形〜卵状長楕円形で長さ5〜9cm、先が鋭く尖り、 両面とも粗毛があってざらつく。葉柄は長さ7〜8mm。花は帯緑白色。果実は球形で径8mm。黒熟する。沖縄の自生は少ない。

名護市 12.4.26

名護市 12.4.26

名護市 12.4.26

トップへ戻る

inserted by FC2 system