モロコシソウ(唐土草)

サクラソウ科 オカトラノオ属
Lysimachia sikokiana  

四国、九州以南の低地、山地の林の中に生える多年生草本。高さは30〜80cm。茎はやや疎らに分岐し、全株無毛。 葉は卵形〜卵状披針形、卵状楕円形、長さ3〜15cm、乾くと芳香があり、防臭剤として使われる。 花は葉腋に単生し、花柄は長さ2〜6cmで下向きに咲き、花冠は黄色で5裂し反り返る。室果は球形で灰白色、径4〜6mm。

国頭村 2008.6.8

(左、中)国頭村 2009.11.15 (右)国頭村2013.9.6



トップへ戻る



inserted by FC2 system