モミジチドメ(紅葉血止)

セリ科 チドメグサ属
Hydrocotyle benguetensis


草地、原野でみられる多年生草本。茎は細かく匍伏又は直立する。通常節部から下根する。
葉は円形〜卵形で3深裂しさらに裂片も3裂する。花は白色で花弁の先が淡紅色であった。
葉柄や花柄は有毛。果実はやや円形。足が沈む様なぬかるんだ草地で見つけた時は名前が分からず
チドメグサの仲間としていたが、後でこの名前を教えて貰った。他にナツノウナギツカミも自生していた。

西表島 11.12.25

蕾と果実の様子
西表島 11.12.25

葉腋から出た花柄の先に傘形花序。花が4個付いていた。、
西表島 11.12.25

こちらは茎や葉柄は緑色。
石垣島 13.5.25

石垣島でみた本種は花の色は淡緑色でした。
石垣島 13.5.25

トップへ戻る



inserted by FC2 system