モッコク(木斛)

ツバキ科 モッコク属
Ternstroemia gymnanthera


低山地の林内、林縁でみられる常緑の中高木。幹は直立して高さ15m位になる。樹皮は灰淡褐色でやや平滑。
葉は互生し、厚くて倒披針状、葉柄は赤紫色を帯びる。葉はヘラ型で単葉で互生、全縁で長さ5〜9cm、春の赤い新芽も美しい。 花は葉腋に一旦斜上し、弧を描いて下に向く。 果実は秋に赤熟し径1cm。
分布は関東南部〜沖縄諸島。開花は5〜6月。

国頭村 2012.5.18

国頭村 2012.5.18

国頭村 2012.5.18

まだ蕾でした。  伊平屋島 2017.5.5

トップへ戻る



inserted by FC2 system