ミズワラビ(水蕨)

イノモトソウ科 ミズワラビ属
Ceratopteris thalictroides

湿地や水田や水の中に生える1年生草のシダ植物。無毛。根茎は短く、葉は斜上する。
葉には胞子葉と栄養葉の2型があり、胞子葉は通常直立し高さ15〜60cm。2〜4回羽状深裂し、最終裂片は線形〜披針形。 羽片の外縁は裏側に反転し、その内側に柄のない胞子嚢を葉脈にそって、1個づつ並列してつける。
栄養葉は柔らかく、1〜4回羽状に深裂し、裂片は幅広く縁は全縁。

恩納村 11.11.22

恩納村 11.11.22






トップへ戻る





inserted by FC2 system