ミゾシダ(溝羊歯)

ヒメシダ科 ヒメシダ属
Stegnogramma pozoi ssp. mollissima


やや湿った林縁や路傍でみられる夏緑性のシダで、沖縄だと冬の姿も変わらないかも知れません。
・根茎はやや短く這う。葉柄は葉身より短く密に毛があり、やや褐色での麟片がつく。
・葉身は葉身は長楕円形〜長楕円状披針形で、1回羽状複葉、両面には毛が多く基部は次第に狭くなるが、最下羽片は大きくなる事がある。
・側羽片は羽状に深裂して無柄、裂片は全縁か、わずかに波状縁。ソーラスは脈に沿ってつき、包膜がない。

沖縄本島ではなかなか見つけられないでいましたが、関東でこのシダを見たすぐ後だったので、石垣島ですぐ目についた。
石垣島 2013.5.25

ソーラスは脈に沿ってつき、包膜はない。
石垣島 2013.5.25

最下羽片の中軸と葉柄基部の麟片。
石垣島 2013.5.25

トップへ戻る

inserted by FC2 system