ミゾカクシ(溝隠)
別名 アゼムシロ(畦筵) 

キキョウ科 ミゾカクシ属 
Lobelia chinensis 

 湿地、水田に多く見られる小型の多年草。茎は地上を這い、節から根を出し、先は斜上又は直立して、高さ3〜15cmになる。 葉は互生で線状披針形、長さ1〜2cm、先は尖る。 葉腋から細長い柄を出して直立し、白〜淡紅色の長さ1cm程度の花を咲かせる。花冠は中部まで5裂し、上側2片は開出する。
分布は北海道〜琉球。開花は周年。

宜野湾市 2008.11.16

花冠は中部まで5裂し、上側2片は開出する。
宜野湾市 2008.11.16

宜野湾市 2014.10月

トップへ戻る



inserted by FC2 system