ミヤコジマハマアカザ(宮古島浜藜)

アカザ科 ハマアカザ属
Atriplex maxmowicziana


海岸に生える小低木。茎は分岐しながら節から根を下ろしたりしながら地を這って広がる。全体に白い粉を布き、灰白色に見えます。 葉は卵状長楕円形で互生、又はやや対性、卵状〜卵状長楕円形、基部はくさび形で短柄。雌雄同株。果実は三角状菱形。 分布は沖永良部島以南〜沖縄。

本部町2012.6.23

本部町2012.6.23

花は小さく、画面右側に咲いていたのですが、上手く写っていません。次の機会に挑戦します。
本部町2012.6.23

トップへ戻る

inserted by FC2 system