ミミモチシダ(耳持羊歯)

イノモトソウ科 ミミモチシダ属  
Acrostichum aureum



マングローブ林やその近くの湿地や溝などに稀に生える長さ1〜2mの
常緑性シダ。根茎は固まる状で大きく、直立し、麟辺をつける。
葉柄は時に長さ1mに達する。葉身は頂羽片の独立した単羽状。狭長楕円形。
胞子をつけない側羽片は斜上し、長さ2.5cmの柄をもち狭楕円形。
胞子嚢は下部の羽片にはつかず、上部の羽片の裏側一面にびっしりとつく。
八重山諸島の石垣島、西表島と与那国島に自生する。
日本ではこの1種のみ。ダイナミックな見応えのあるシダです。

西表島  2009.4.26

 

西表島 2011.12.25

上部の羽片の裏側一面につく。
西表島 2012.10.29
与那国 2013.12.17

与那国 2013.12.17



トップへ戻る



inserted by FC2 system