メジロホオズキ(目白酸漿)

ナス科 ナス属
Solanum biflorum

林縁ややや湿った草地などでみられる多年生草本。高さは60〜150cm。基部は時としてやや木本状となり、全株やや軟毛がある。 葉は卵状〜卵状楕円形、下面には密に淡黄色の軟毛を密布する。花は白色で葉腋に単性又は双生する。果実は赤熟し、径1cm、種子は扁平で長さ1.5mm。

名護市 2007.1.20

林道の縁で時々みます。赤い実なのでよく目立ちますが、その実の周りの萼片が特徴。
名護市 2005.10.23

萼片は細長く10個、葉や茎には細かい毛がある。
名護市 2007.1.20



トップへ戻る

inserted by FC2 system