マルバホングウシダ

ホングウシダ科 ホングウシダ属
Lindsaea orbiculata


林縁や山地林床の比較的乾いた所でみられる常緑性シダ。根茎は短く匍匐して葉を込み合ってつけ、長さ15〜40cmで、葉はやや二形。 葉柄は濃褐色〜わら色で基部が暗色。胞子嚢をつける葉では葉柄は長さ10〜30cm、葉身は単羽状、又は2回羽状に分岐し、側羽片は 多くても6対以下、単羽状の羽片は扇形、後半分が欠けているので羽軸は発達しない。

2013.1.28

胞子嚢群は辺縁につき、まれに途中で途切れる事もある。この個体は典型品ではないが、マルバホングウシダの
範囲に入るもので、典型品とくらべて、わずかにシンエダウチホングウシダに似てくる型と聞きました。
大宜味村 2012.12.1

胞子嚢群をつけない葉は小型、単羽状で羽片の辺縁は鋸歯縁。
大宜味村 2012.12.1

伊平屋島 2014.8.5


トップへ戻る

inserted by FC2 system