マメヅタ (豆蔦)


ウラボシ科 マメヅタ属
Lemmaphyllum microphyllum

山地の湿った岩上やコケのついた樹幹などに生える小形の常緑シダ。
・根茎は長く横走し、径1mm、不規則に分岐、疎らに鱗片をつけ、二形の葉をつける。
・葉柄は長さ1〜2mm、長いものでは4mm、鱗片をつける。
・栄養葉は円形〜楕円形、長さ1〜2mm、幅1〜1.5cm。胞子葉は線形〜へら形、長さ約6cm、幅2〜5mm、全縁。 ・胞子嚢群は胞子葉の中肋の両側に縦に伸び線形。分布は東北地方〜沖縄。 沖縄にはリュウキュウマメヅタが多い。
( 胞子嚢群は未撮影)長崎県 2016.4.14

シダ植物一覧
トップへ戻る

inserted by FC2 system