マルヤマシュウカイドウ(丸山秋海棠)

シュウカイドウ科 シュウカイドウ属  
Begonia formosana




山地の渓流沿いの岩場に生える高さ30〜40cmの多年草。
葉は斜卵形で長さ10〜15cm、幅7〜12cm。
葉の縁には切れ込みと、さらに細かい鋸歯がある(重鋸歯)。
花は夏から秋に開花する。

西表島 10.6.5



花期は6〜11月とあって2月では花を見ることは出来ませんでしたが
よく似た花でコウトウシュウカイドウは咲いていましたから、 こちらを見てください。
花は似ていますが、葉の形が違うのが判りますよね。
日本に自生するシュウカイドウはこの2種しかなくて自生の北限がこのヤエヤマ地方らしいです。
西表島 07.2.17  

トップへ戻る

inserted by FC2 system