ムラサキムカシヨモギ(紫昔蓬)

キク科 ショウジョウハグマ属
Vernonia cinerea

山地林縁、日当たりのよい草地等でみられる多年草。直立する茎は細く疎らに分岐して高さ20〜80cmになる。 葉は互生し、有柄、倒披針形〜倒卵形、基部はくさび形で辺縁には細鋸歯があります。 頭花は小さな散房花序で有柄、円錐花序に多数の花がつきます。花冠は紫色で長さ5〜6mm、先は5裂する 分布は南九州〜沖縄各島。

今帰仁村 2017.10.8

名護市 2007.11.3
名護市 2007.11.3


最初に見たのは国頭の道路沿いでした。07.3.25
円錐花序に多数の花がつきます。
2012.9.21

トップへ戻る

inserted by FC2 system