クチバシグサ(嘴草)

 ゴマノハグサ科 アゼトウガラシ属
Lindernia ruellioides


湿地や山地山裾等でみられる1年生草本。茎は直立し高さ10〜45cm位になり、長さ15〜30cmに達する匍枝を出す。 葉は1cm以下の短柄があり、倒卵状長楕円形〜長楕円形、長さ1.5〜3.5cm、幅1〜2cm。鈍く尖るか又は円頭。 鋭い微鋸歯縁、上面は短粗毛を密布し、下面は無毛又は脈状に微毛がある。
頭状花序長さ2〜7cm、花は2〜6対、額は5深裂、裂片は線状披針形で鋭尖頭。花冠は長さ6〜7mm。 室果は狭円筒形で長さ1.5〜2.0cm、径2mm。分布は徳之島、沖縄、宮古、石垣、西表(琉球植物誌より)

当初スズメノトウガラシモドキとしていましたが、匍ふくして節から下根している事、葉の様子からクチバシグサとしました。

05.8.14

05.10.22


(左)西表島 2013.10.30  (右)国頭村 2013.11.24

国頭村 2013.11.24

トップへ戻る

inserted by FC2 system