クスノハガシワ(楠の葉柏)

トウダイグサ科 アカメガシワ属
Mallotus philippensis


石灰岩地帯でみられる小高木。高さは4〜10mで若枝、若葉、花序に褐色の毛があります。葉は互生で卵状長楕円形、 長さが7〜16cmで全縁又は波状縁。葉の上面は無毛で下面は多少灰白色で微毛があり、全面に無数の線点がある。
花序は腋性、雄花序は単立又は束生、雌花の総状花序は単立。
分布はトカラ列島以南の琉球列島。開花は3〜4月。

雄花
南城市 2012.3.14

室果は球形で朱赤色の粉を密布する。
国頭村 2012.5.27

国頭村 2016.12.1




トップへ戻る





inserted by FC2 system