クルマシダ(オオノコギリシダ) 

チャセンシダ科  チャセンシダ属
Asplenium wrightii


山中の渓流の湿った岩上に生える常緑のシダ。分布は本州伊豆以南。割と大きめでとてもカッコいい印象だ。

10.4.17


12.3.24

葉身は単羽状複葉で最下羽辺がもっとも大きく、先に向けて次第に短くなって、頂羽片はっきりしない。
羽片は10〜20対。披針形でやや鎌状、鋭先頭。辺縁に鋸歯があり、基部上部は耳状に突出し、下部には短柄がある。


胞子嚢は少し曲がった線形で辺縁と羽軸の間に多数並び包膜を有する。

10.4.17
トップへ戻る





inserted by FC2 system