クロミノオキナワスズメウリ(黒実の沖縄雀瓜)

ウリ科 スズメウリ属
Melothria liukiuensis


林縁や荒れ地等に見られるつる性の1年草で高さ3〜5mに達する。茎は細く径2mm程度。雌雄異株。
葉は互生し、長さ幅共に10cm程度の広卵形〜円心形、粗い微鋸歯縁、乾くと黒くなり、上面はざらつき、下面は無毛。
雄花は長い花梗の先に、多数傘状につき、花は白色で径7〜8mm、雌花は腋生の花梗上に小数つく。 果実は広楕円形で長さ1.5〜2cm、暗緑色に熟する。分布は奄美大島〜沖縄各島。開花は10〜4月。

2013.3.5

大里村 11.1.20

雌花 大里村 11.1.20

国頭村 07.3.25

トップへ戻る

inserted by FC2 system