クロガヤ

カヤツリグサ科 クロガヤ属
Gahnia tristis Nees


日当たりの良い草地、山裾、原野等で見られる多年草。根茎は大きな株となり、高さは50〜100cmと割と背が高く 大株を見かける事がある。葉は線形で硬く、縁には小さい鋸歯がある。円錐花序は20cm位で雄花序と雌花序が出来る。 雌花序は黒褐色の小穂の塊となっている。麟片は倒卵形、繊維状の毛がある。痩果は倒卵形、長さ3.5〜4mm、塾すると黒くなる。柱頭は3岐

国頭村 (左)2011.9.24 (右)2013.12.29

国頭村 2013.12.29

国頭村 2013.12.29ブログは⇒こちら



トップへ戻る





inserted by FC2 system