クモラン(蜘蛛蘭) 

ラン科 クモラン属
Taeniophyllum glandulosum


草丈は2〜5cmの多年草。樹幹に着生して葉を持たず、根がクモの足のように放射状に広げて行くのが大きな特徴の着生ラン。 根は白っぽい緑色で光合成を行っている。
中心から立ち上がる花茎は糸状で長さ1〜2cm、淡緑色で2〜3mm程度の小さな花を1〜5個つけます。

国頭村 2012.8.14

国頭村 2012.8.14



東村  09.5.16

室果は長楕円形で両端がくびれる。国頭村 2012.11.9


残念ながら花が咲いた後でした。小さい花が咲くようです。また来年に期待です。分布は関東以南。
国頭村 08.6.8


トップへ戻る

inserted by FC2 system