クマツヅラ (熊葛) 

クマツヅラ科 クマツヅラ属
Verbena officinalis

日当たりの良い原野に生える多年草。茎は4稜で直立し、上方で分岐し、高さ30〜80cm。
葉は対生、羽状に中裂〜深裂し、長さ3〜10cm、幅2〜5cm、茎と共に細毛がある。
枝先に細長い30cm程度の穂状花序を作り、淡紅紫色で径4mmの小さな花を下から順に咲かせる。
分果は長さ1.5mm。分布は国内は本州〜琉球、国外はアジア、ヨーロッパ、アフリカ北部。花期は4〜9月。

石垣島 2014.3.21

(左)葉は深裂し、深い皺がある。
石垣島 2014.3.21

トップへ戻る


inserted by FC2 system