クマタケラン (熊竹蘭)

ショウガ科 ハナミショウガ属
Alpinia formosana


山地林縁のやや湿気のある所でみられる高さ1〜2mの多年草。葉は長楕円状披針形で長さ50〜100cm、幅8〜15cmと大きめ。 総状円錐花序は長さ20cm、花は3cm位で、ゲットウに良く似るが、ゲットウの様な芳香はありません。分布は九州南部〜沖縄。
同じ属にはゲットウアオノクマタケランがあり、良く似ている。
当初この花はクマタケゲットウと教えてもらったが、沖縄植物野外活用図鑑ではクマタゲゲットウは 南大東島産のタイリングゲットウと本種の自然交配によって出来た雑種と記されていた。

2012.5.26

国頭村 08.6.22

伊平屋島 2013.11.20





トップへ戻る




inserted by FC2 system