クグテンツキ

カヤツリグサ科 テンツキ属
Fimbristylis dichotoma


日当たりの良い草地に生える多年草。根茎は発達しない。有花茎の高さは50〜100cmと大型。
葉は幅3mm程度やや革質で硬い。苞は1〜2枚は花序枝より長く縁にざらつきがある。
茎頂から多数の分花序を出し、花序には4〜10個の小穂がつく。小穂は披針形、長さ5〜6mmで褐色。
雌鱗片は広卵形、淡褐色、長さ2.5mm。中肋の先がやや出る。
痩果は倒卵形、長さ1mm、表面に格子紋がある。 花柱は扁平で繊毛をもつ。 柱頭は2岐。
分布は関東地方以西〜沖縄。開花は7〜10月。

名護市 2013.8.30 ブログ 2014.9.2

中城村 2014.9.5

(左)恩納村 2015.7.3  (右)名護市 2014.8.30

(左、中)恩納村 2014.9.2  (右)名護市 2017.11.7

トップへ戻る

inserted by FC2 system