コウトウシラン (紅頭紫蘭)

ラン科 コウトウシラン属
Spathoglottis plicata


日当たりのよい草地に生える多年草。草丈は30〜100cm位になる。偽球茎は円錐形で数個が接して並ぶ。
葉は数枚つき、長い柄があり、長さ30〜50cmで縦にしわがある。
花茎は側生し、茎頂に総状に淡紅色の花を数個つける。 室果は長楕円形。
分布は石垣島、西表島。沖縄島の物は栽培の逸出と考えられる(RD沖縄より)開花は夏〜秋、開花期は割と長い。

読谷村 2005.10.23

読谷村 2005.10.23

(左)西表島 2007.2.22 (右)西表島 2017.1.4

2006.11.11

国頭村 2011.9.13

西表島 2011.12.25

国頭村 2017.9.24



トップへ戻る

inserted by FC2 system