コウライシバ(高麗芝)

イネ科 シバ属
Zoysia tenuifolia Willd.

海岸の隆起サンゴ礁の中に生える事が多い多年草。根茎は細く、硬く、長く這って節部から根や稈、匍ふく枝を出す。 稈は高さ5〜15cm。葉身は長さ2〜8cm、幅1mm程度で内側に巻き全体が細い管状にみえ、葉鞘の口部長毛がある。 総状花序は長さ1〜3cm、小穂は1小花からなり、革質で光沢のある第2苞頴とうすい護頴とがあり、長さ3mm内外、葯は長さ1mm。
分布は九州南部、琉球、台湾。開花は5〜7月。芝生としても広く栽培されている。


糸満市 2015.1.18

糸満市 2015.1.18

糸満市 2014.1.8


トップへ戻る



inserted by FC2 system