コショウジョウバカマ(小猩々袴)

ユリ科 ショウジョウバカマ属
Helonias kawanoi 


渓流の湿った岩の上や、谷間の湿った所に生える高さは5〜10cmの多年生草本。ショウジョウバカマの仲間で一番小さいタイプ。 葉は8〜25枚根生し、狭いへら形、長さ2〜6cm、幅3〜9mm。
花茎は長さ4〜15cmで、先端に白色の花を2〜4個つける。  
別名 ヒメショウジョウバカマ、シマショウジョウバカマ。分布は沖縄島、石垣島、西表島。

国頭村 11.9.11



この植物を見たのはこれが初めてです。
場所は限定されると思いますが、株は結構ありました。
でも花はまだ見た事がありません。

国頭村 2008.6.8
別な目的行った場所で、偶然にも
花が咲いているのが2株ありました。
目的の植物も達成出来て
更におまけがついた良い日でした。

西表島 2013.10.29


西表島 2013.10.29

西表島 2013.10.29

トップへ戻る


inserted by FC2 system