コミカンソウ(小蜜柑草)

コミカンソウ科(←トウダイグサ科) コミカンソウ属
 Phyllanthus lepidocarpus

路傍、草地に生える高さが10〜40cmの1〜2年生草本。茎は多少分岐して稜があり、無毛。
葉は2列に並び、互生、無柄で小葉は長楕円形、長さ5〜10mm、鈍頭、葉裏は淡白色。
花は葉腋に出来、ごく小さく径1mm。室果は径2mm、扁球形、平滑か、多少小さいイボがある。
分布は本州〜沖縄 世界の熱帯〜暖帯。開花は周年。

  宜野湾市 2006.9.24



 2006.9.24

小葉は長楕円形、長さ5〜10mm、鈍頭、葉裏は淡白色。花は小さく径1mm。果実は径2mm。
大宜味村 2017.9.17

大宜味村 2017.9.17





トップへ戻る

inserted by FC2 system