コヒロハハナヤスリ(小広葉花鑢)

ハナヤスリ科 ハナヤスリ属
Ophioglossum petiolatum

日あたりの良い草地に生る小型の多年草。根塊状か円柱状であまり発達せず高さ8〜25cmの葉を1〜3枚出す。 担葉体は長さ2〜10cm、栄養葉は葉柄は短く1mm前後、単葉で広卵形〜頂楕円形。葉の先は円頭〜鈍頭、基部はやや切形で急に狭くなり短柄がある。 葉脈はあらい網状、二次脈はあまり発達せず。
胞子葉は線形で長さ2〜3cm、幅1.5mm位、、葉柄の先に出て穂状となり2列に並んでいる。胞子は微細な網目状模様をなし、 その外面は滑らか別名フジハナヤスリ

本種として上げた物はハマハナヤスリとのご指摘もあり、再度詳細を確認してみるつもりです。
国頭村 11.2.20

2013.1.9

トップへ戻る



inserted by FC2 system