コバノミヤマノボタン(小葉の深山野牡丹)

ノボタン科  ハシカンボク属
Bredia okinawensis  

山地林縁や渓流沿に生える常緑の低木。高さは1m内外。1年枝は短褐毛があります。葉は薄い革質で対生、長楕円形で長さ4〜9cm、幅1〜3cm、 先は鋭く尖り、縁は鋸歯縁〜やや全縁、両面無毛。頂性する集散花序に淡紅紫色の4個の花弁をもつ美しい花を3〜7個つけます。
室果はやや多肉質で洋梨型。 沖縄本島北部の固有種。花期は6〜7月。

国頭村 2013.6.28



花の色は濃紅紫色から淡紅紫色、たまに白色も見られます。
よく似たハシカンボクとは葉の形や葉脈に違いがあります
ヤエヤマノボタンは石垣島、西表島の固有種です。

(左右)2008.7.6




トップへ戻る




inserted by FC2 system