コバンモチ(小判黐)

ホルトノキ科 ホルトノキ属
Elaeocarpus japonicus


山地の林内に生える常緑高木。高さは5〜15m。樹皮は灰褐色で細かい皺が多い。。葉は長さ5〜12cmで長楕円形、互生で枝の先につき、その先から同時に芽を出す。 葉柄は長さ3cm位で両端が膨れる。葉腋の総状花序は長さ4〜6cm、白色の小さな花を多数つける。 紅葉が季節に関係なく点々とつくのも特徴でホルトノキに似る。
液果は楕円形、濃青紫色。分布は紀伊半島〜沖縄各島。
恩納村 2012.2.27

(左)恩納村 2012.2.27  (右)大宜味村 2014.3.30

2014.1.31

国頭村 2016.9.26

国頭村 2016.9.26




トップへ戻る





inserted by FC2 system