コバナチケイラン(小花竹尢磨j

ラン科 クモキリンソウ属
Liparis elegans


山地の湿った岩などに着生する小型の多年草。その姿はチケイランをそのまま小さくした感じで根元に一列に並んだ偽鱗茎を持ち、 狭長楕円形の葉を2〜3枚つけます。
草丈は10〜20cm。葉の長さは5〜10cm。葉腋から出た花茎の先に2〜3mmの花を多数咲かせる。



名前だけは聞いた事がありましたが、まさか自生を撮影出来るとは思っていませんでした。
開花期とはずれているせいか、花は1個だけ咲いていましたがそれでも十分満足でした
撮影から1年以上は経っていますが、今も元気で育っていてくれる事を願っています。
 

トップへ戻る

inserted by FC2 system