キツネノメマゴ(狐のめ孫)

キツネノマゴ科 キツネノマゴ属
Geranium carolinianum

日あたりの良い草地や海岸近くに生える。高さ10〜30cmの1年生草。
茎は分岐し、節部から下根する。植物体は無毛から毛が多いのまで変異がある。
葉は卵型〜卵円形で厚みがあり、長さ6〜10mm、幅4〜8mm、先は丸く基部は円形、全縁〜波状縁、上面は光沢がある。 花は枝先に円筒形の穂状花序を作り、密につく。
キツネノヒマゴキツネノマゴとは葉の形や厚みが少しづつ違っている。
分布は与那国島、石垣島。開花は周年。

石垣島 2010.6.6

花の色はキツネノマゴ、キツネノヒメゴに比べて濃く唇弁の長さは5mm程度。
葉には光沢がみられた。
石垣島 2010.6.6

トップへ戻る

inserted by FC2 system