キツネノヒマゴ(狐の曾孫)

キツネノマゴ科 キツネノマゴ属  
Justicia procumbens var. riukiuensis


草丈20〜30cmの1年生草。キツネノマゴの変種。
基本種に比べて葉が厚く、小さくて楕円形〜卵形で長さ1〜4cm、幅0.5〜2.3cm、鈍頭、全縁で両面に粗い毛がある。
穂状花序は長さ3〜7cm、花冠は淡紅紫色〜白色、唇弁花、長さ約5mm。室果は長楕円形で長さ5mm。
分布は吐加羅列島〜南西諸島。開花は周年。与那国島や石垣島にはキツネノメマゴがある。

西表島 2007.2.17  


葉は楕円〜卵形、厚く、全縁で両面、中肋や縁に粗毛がある。
(左)名護市 2007.1.20 (右)国頭村 2017.10.26 

ほぼ白花かな。
石垣島 2014.3.25 

国頭村 2017.10.26 

トップへ戻る

inserted by FC2 system