キランソウ(金瘡小草)

シソ科 キランソウ属
Ajuga decumbens



日あたりのよい道端や草地でみられる多年生草本。
葉には荒い毛が多く、倒披針形、長さは5cm内外、先は鈍く尖る。
花はヒメキランソウに比べると小さめで葉腋に数個つく。
本州〜九州に山麓等で見かけますが、
沖縄県のRDBでは絶滅危惧TA類に指定されています。
ヒメキランソウはよく見かけますが、こちらは滅多にみられません。

名護市 11.2.19

名護市 2012.2.11

トップへ戻る





inserted by FC2 system