キダチコミカンソウ(木立小蜜柑草)

コミカンソウ科(←トウダイグサ科) コミカンソウ属
Phyllanthus amarus

熱帯アメリカ原産の帰化植物。沖縄に帰化している。雌雄同株の1年草。草丈は30〜50cm。
葉は互生し、小枝には28〜43対、葉身は楕円形、長さ0.5〜1.3cm、幅は0.2〜0.6cm、全縁、無毛。
花は葉腋に集散花序を作り、淡緑色の小さな花をつける。、雌雄異花。花被片は5個。
良く似たコミカンソウよりも背が大きくて果実の表面は平滑で、 色もコミカンソウが赤かったのに比べてこちらは緑色。





西表島 2007.2.17



トップへ戻る

inserted by FC2 system