キバナオトメアゼ
(ソバガラウリクサ)

ゴマノハグサ科 
Legazpia polygonoides Yamazaki

やや湿った日当たりの良い草地で見ました。熱帯アメリカ原産の帰化植物で1年生又は多年草本。
茎は4稜で無毛、節から根を出して広がり群生する。長さは15〜40cm。
葉は対生で広い柄があり、楕円形〜広卵形、長さ1.5〜2cm、先は鈍く尖り、縁は鋸歯がある。
花は葉腋につき、径6mm程度、 先端は4裂し、上唇弁は浅く2裂、のど部には多数の線があるする。 「沖縄野外植物図鑑」ではソバガラウリクサとして掲載されています。

名護市 2008.11.8

国頭村 2013.6.8

宜野湾市 2014.9.17
トップへ戻る

inserted by FC2 system