キールンヤマノイモ(基隆山の芋)

ヤマノイモ科 ヤマノイモ属
Dioscorea pseudo japonica


海岸近くの林下にみられるつる性の多年草。塊根は長楕円形、茎は扁円形で葉腋にムカゴを作る。 葉は対生、三角状卵形〜三角状長楕円形、長さ6〜10cm、先は尾状に細くなり尖り両面とも無毛。雄の穂状花序は葉腋に輪生して、単一、 長さ3〜4cm。花は無柄で半開し、包は三角形で長さ1mm、花被は球形で径2mm。雌花は各葉腋に単性し、長さ5〜12cm、20花以上をつける。 室果は広い翼があり、陣形、長さ1.8cm。
分布はトカラ列島〜琉球列島。開花は5〜7月。
恩納村 2010.6.27

大宜味村 2012.6.28

大宜味村 2016.6.5
トップへ戻る





inserted by FC2 system