ケシンテンルリミノキ(毛シンテン瑠璃実ノ木)


アカネ科 ルリミノキ属
Lasianthus curtissi


常緑樹林内に自生する 高さ1〜1.5m内外の常緑低木。
葉は対性で長さ7〜10cm、幅2〜3.5cmと他の瑠璃実の木の仲間に 比べると小さく、長楕円形〜狭長楕円形、先は尾状。表面は無毛だが、裏面は黄褐色の毛が多い。 葉柄は開出する毛が密生する。
花は葉腋に密に束生し3〜5個つき、無柄で白色。顎は鐘形で5裂。
分布は南九州〜沖縄、台湾、東南アジア。開花は10〜11月。

他にはリュウキュウルリミノキケハダルリミノキオオバルリミノキタイワンルリミノキニコゲルリミノキマルバルリミノキルリミノキ等がある。

国頭村 2014.9.13

国頭村 2014.9.13

果実は4〜6mmの楕円球形で瑠璃色に熟し、毛が多い。
国頭村 2011.12.11

葉の表面は無毛だが、裏面は黄褐色の毛が多い。白く花の様に見えるのは顎片。
国頭村 2011.1.23

国頭村 2011.1.23

国頭村 2017.1.24

国頭村 2017.11.6

トップへ戻る

inserted by FC2 system