カタヒバ(片檜葉)

イワヒバ科 イワヒバ属
Selaginella involvens


岩の上や樹幹に生える常緑草本。地下茎は先端に向けて次第に地上茎となり、その基部からは地下茎となる匍匐枝が出る。 地上茎3〜4回羽状に分岐し、葉身の様に広がり、卵形〜長卵形となる。(イワヒバは放射状に広がるのに対して、 カタヒバは1枚の葉の様な姿をしている)葉の様に見えるのは全部枝で、葉状枝、根元の方で苔などを葡蔔して広がって いるのが葡蔔枝で表からは見えにくい。

2012.9.12

枝の真中にある軸の様なのが背葉裂でここがカタヒバは盛り上がっていて、イヌカタヒバは平面的。
2012.9.12

枝先にある色の薄い所が胞子嚢穂。胞子嚢穂は小枝に1個頂生し、四角柱状。 水分が足りないと乾燥して内側に丸まってしまう。

2012.9.12

2012.9.23

2013.4.5


山林の渓流の岩にも着生していた。
2013.3.23

トップへ戻る

inserted by FC2 system