カシノキラン(樫の木蘭)

ラン科 カシノキラン属
Gastrochilus japonicus   


山地の常緑広葉樹林の樹幹に着生する小型の野生ラン。常緑の多年草。根は木の幹を這って長く伸びる。
茎は長さ2〜10cm。葉は2列に配列し、厚く光沢があり、長さ3〜9cm、線状長楕円形。
花は腋生の総状花序に淡黄色で1〜3cm程度の小さな花で、4〜10個つける。萼片と側花弁は同形で長さ4mm、唇弁の基部は大型の嚢となり、 内面は暗紅褐色、舷部は扇状、大きな黄班があり、縁は不規則に凹凸がある。
分布は本州(千葉県以西)〜琉球。開花は7〜8月。

国頭村 2012.7.18

国頭村 2012.7.18


2008.5.18

2009.1.11

果実がはじけた所
2007.2.3

2007.2.3



果実と花。
東村 2009.7.5

東村2009.7.5

国頭村 2018.7.18

国頭村 2018.7.28

トップへ戻る



inserted by FC2 system