カンゾウタケ(肝臓茸)

カンゾウタケ科 カンゾウタケ属 
Fistulina hepatica



カサの直径が5〜30cmほどの大きさで、ヘラ型〜扇形です。成熟するとフチが波うったような形状に変化し、
やや反り返り、幼い時は赤紅色、で成長すると肝臓の様な鮮やかな赤〜赤褐色になります。

2010.2.8

2010.2.8

2012.11.27

少し生で食べてみると酸味がある他は違和感がありません。バター炒めで食べてみたら溶けるでもなく、意外と歯ざわりが良かった。
国頭村 2018.3.3


トップへ戻る



inserted by FC2 system