カンシノブホラゴケ

コケシノブ科 ソテツホラゴケ属
Cephalomanes thysanostomum


別名:オオカンシノブホラゴケ 山地の湿った岩壁等に着生する大型のコケシノブ。根茎は極めて短く先端は黒褐色の 刺状麟片で覆われ、根は太く黒色。葉柄の上部には狭い翼があり、下面は有毛。
葉は長楕円形〜倒披針形で4〜5回羽裂し、先が尖る。大きなものは葉面の長さ45cm、幅20cmとなる。
ソーラスは小形でだい2次羽片につき、包膜は円筒形で両側に狭い翼がある。 分布は沖縄本島、西表島。

西表島 2013.10.29

西表島 2013.10.29

根茎は極めて短く先端は黒褐色の刺状麟片で覆われ、根は太く黒色。葉柄の上部には狭い翼がある。
西表島 2013.10.29

西表島 10.6.5

全体の姿の画像はブレてしまいました。(残念)
西表島 10.6.5

トップへ戻る





inserted by FC2 system inserted by FC2 system