カンダヒメラン(神田姫蘭)

ラン科 ヤチラン属
Malaxis kandae

山地の湿地で生えていました。夏緑性の多年草で高さは30〜40cm程度、
楕円形の葉は互生で5〜6枚、長さは6〜14cm。葉の縁は波打たない。
総状花序は頂生し、花を多数(20〜40個)つけ、包葉は蕾より長い。(良く似たオキナワヒメランは短い)
花は帯紫緑色〜濁紫色で萼片は広楕円形、背萼片は縁を含めていくらか反っている。花弁は線形、唇弁は長さ 6mmで三角状心臓形、先は2裂し、基部は耳状になり、蘂柱を包む。

足が沈み込む程の湿地に生えていました。
西表島 2013.7.29

花の数は20〜40個。包葉が蕾より長い。(カンダヒメランの特徴)
西表島 2013.7.29

西表島 2013.7.29

沖縄島 2013.9.15

トップへ戻る

inserted by FC2 system