カナビキソウ(鉄引草)

ビャクダン科 カナビキソウ属
Thesium chinense

日当たりの良い原野に生える半寄生の多年生草本。全株無毛で黄緑色をしている。茎には稜があり、基部から分岐、又は単立し高さ30cm程度。 葉は線形、長さ2〜4cm、幅1〜3mm、先は鋭く尖り、やや多肉質。花は葉腋に単生し、小形で淡緑色、包は1枚、葉と同形でやや小形 小包は2個で線形。花被は長さ2.5〜3mmで筒状。 果実は楕円状球形で先端に花被裂片を残し長さ2〜2.3mm、緑色、隆起した網紋がある。
分布は本州〜九州、沖縄各島。開花は4〜6月。


通常原野に見られるそうですが、こちらは海岸の砂の中で見ました。
他の花を探していたのでこちらは1枚しかありません。、いつか取り直したい。
伊平屋島 2014.6.1


トップへ戻る

inserted by FC2 system