カッコウアザミ(霍香薊)

キク科 カッコウアザミ属
Ageratum conyzoides


低地の荒地、草地、林縁等でみられる1年生草本。茎は分岐し高さ30〜60cm。全株粗毛があり、もむと香りがある。
葉は卵形、縁は浅い鋸歯があり、長さ5〜13cm。葉は対生だが、上部では互生状になる。
花は白から淡青紫色の筒状花からなる頭状花を多数つける。果実は四角柱状で黒く光沢がある。
仲間のムラサキカッコウアザミよりも少し花が小さめ。
熱帯アメリカ原産の帰化植物。分布は和歌山県以南。開花は周年。

国頭村 2013.3.5

淡青紫色のもの。
国頭村 2013.3.5

名護市 2017.3.23

トップへ戻る


inserted by FC2 system