カキバチシャノキ(柿葉萵苣の木)

ムラサキ科 カキバチシャ属
Cordia dichotoma Forst.

海岸の民家近く、林縁、沢沿いに見られる落葉の亜高木。高さは4〜10m。樹皮はせんい質。小枝は有毛。
葉は互生、卵形〜円心形、長さ9〜12cm、幅4.5cm、辺縁には不揃いの鋸歯がある。カキの葉に良く似る。
花は新葉とともに開き、頂生、又は葉腋に集散花序を作り、小さな花を多数つける。花冠は淡黄色、径7mm。
果実は橙色、径1.2cm。分布は奄美〜沖縄、八重山群島。

西表島 2010.6.4

大宜味村 2017.8.12

(左、中)西表島 2010.6.4 (右)大宜味村 2017.8.12

トップへ戻る

inserted by FC2 system