カキバカンコノキ
コミカンソウ科(←トウダイグサ科) カンコノキ属
Glochidion zeylanicum

低地や山地林縁でみられる常緑の小高木。高さは5〜8m。葉は卵状長楕円形で先が尖り、互生する。 葉の形がカキの葉に似る事からこの名前が付いた。
葉腋から散形花序を出し、淡緑色の花を付けるが花弁はなく、萼片が花弁のように開く。
分布は屋久島以南の琉球列島、中国南部、東南アジア。開花は7〜8月。

西表島 2011.12.26

葉腋から散形花序を出し、淡緑色の花を付けるが花弁はなく、萼片が花弁のように開く。
東村 2012.5.26

花後、直径7〜9o程の緑色の実を多数付ける。
西表島 2011.12.26

東村 2012.5.26



←熟すると赤橙色に変わり最後に黒色になる。



西表島 2013.5.26


国頭村 2016.1.9

トップへ戻る



inserted by FC2 system