カゲロウラン(蜉蝣蘭)

ラン科 キヌラン属 
Zenxine agyokuana

広葉樹林下に生える多年草。
茎の下部は地表を匍匐し、各節から紐状の根を出し、上部は直立し高さ15〜20cmで無毛。
葉は卵状楕円形で4〜5枚付き長さ3〜5cm、鋭頭、両面無毛でビロード状の光沢があり、葉柄の基部は茎を抱く。
花茎は有毛でややねじれてつく。花は5〜10個程度、紅色を帯びた褐色で側弁は広がり、唇弁は丸まり白色。
分布は関東以西〜琉球。開花は9〜10月。

国頭村 2009.11.14

 (左)国頭村2011.10.16  (他)国頭村2009.11.14 

国頭村 2011.11.16

果実
国頭村 2008.3.9

国頭村 (左)2019.9.30 (中・右)2019.10.12

トップへ戻る


inserted by FC2 system