ジュウモンジシダ(十文字羊歯)

オシダ科 イノデ属
Polystichum tripteron

山地の林下に生える夏緑性のシダ。
・根茎は短く直立し、葉を叢生する。麟片は淡褐色、卵状長楕円形。
・葉柄は長さ15〜35cm、麟片は卵状披針形で軸に圧着する。
・葉身は単羽状複生の多くな頂羽片と同じ構造で一対の側羽片からなる。側羽片は基部は前側がやや耳形。後側がくさび形。
・ソーラスは羽片の辺縁散在するが中肋の両側に一列につく事がある。
高尾山 2013.5.16

高尾山 2013.5.16

沖縄では常緑性で山地渓流沿いに生えるタイワンジュウモンジシダがあります。
トップへ戻る



inserted by FC2 system